DMを効果的に活用していきたいと考えたら顧客情報の管理の仕方からよく考えなければならないでしょう。どの顧客にどのような内容のDMを送る必要があるのかを吟味しやすいように管理体制を整えることがスタート地点になります。

DM印刷の目的の明確化と顧客情報の管理

顧客に対してDMを送るときには何らかの目的があるでしょう。新しい商品やサービスの紹介をすることや、購入してくれた商品のフィードバック、アフターサービスに関する連絡などの様々な目的でDMが使用されています。いつどのようなDMを送る必要があるかをわかりやすく管理しておくことでDMの発送業務を効率化することが可能です。そのために大切なのが顧客情報の管理であり、ただ購入履歴のある顧客をリストとして保存しておくだけでなく、詳細に渡って記録を残し、分類して検索できるようにしておくことが重要になります。適切な形で運用できるように管理体制を整えておくことにより、必要時に適切な顧客を抽出してDMを送れるようになるからです。

効果的なマーケティングを行うための管理

マーケティングのためにDMを用いるのはよくあるパターンですが、そのときに全員に同じDMを送るのが適切かどうかについては疑問を抱いた方が良いでしょう。ただチラシを同封して送るというだけでマーケティング効果が十分にあると考えるのではDM印刷の効果を半減させてしまっているかもしれません。顧客が過去に購入したものに応じて適切な商品やサービスだけを抽出してDMで伝えるようにすると、顧客は与えられた情報の中から自分に必要なものがあるかを探さなくて済みます。直接に自分のニーズに合っているものを見ることができるため、購買意欲が高まる可能性が高くなるのです。このような視点から顧客を分類できるようにしておくのには意味があります。

フィードバックを活用する方法

DM印刷に役立てる顧客情報の管理体制としてフィードバックの活用も念頭に置いておくと良いものです。商品やサービスを利用したことによる感想を送ってもらえるように促すDMを送り、そのフィードバックをまた顧客情報に取り入れておくとマーケティングに利用できます。特定の商品やサービスに対して高い満足を得た人にはセールの実施や上位商品の紹介のDMを送ると継続して利用してくれる可能性が高くなるでしょう。逆に不満があったという感想が見られた人に対しては類似品の紹介をするDMを送ることによって興味を持ってもらえると期待できます。フィードバックの良し悪しから分類を行っておくことにより、マーケティングを行うタイミングで速やかに顧客情報を活用してDMを送れるようになるのです。